建築基準法違反の住宅を売却した業者への損害賠償

不動産

建築基準法違反の住宅を売却した業者への損害賠償

住宅を購入する時には、個人から購入するときと業者から購入するときがあります。
新築は業者から、中古は故人からが多いですが、中古を業者から購入することもあります。
業者なので重説などもその業者の宅建資格者が行うのでしょう。
問題があればその時に指摘をして、契約の判断をしないといけません。
自分の父親が住宅を業者から購入し、それを引き継いだ時に欠陥があることが分かったとします。
建築基準法違反なので、建てられた時、売却されるときにもその情報を分かっていたようです。
この時、売った業者に対して損害賠償責任を請求することができるかです。
この時は時効の問題があります。
瑕疵担保責任に関する損害賠償請求権に関しては、引越しから10年とされています。
それ以内なら行うことができますが、それより前となると行うことができません。
15年前に購入したのであれば、既に時効になっているので支給ができない状態です。
早めに対処しなければいけませんでした。

リノベーション×マンスリーeims ROOM

住むまでの手続きも簡単なので安心!
申込書への記入と本人確認書類の確認だけでお部屋の契約が可能なので手続きにかかる手間が少なくてすみます。

格安の越谷リフォーム店
コストパフォーマンスを考えた工事をご提供しております

最新記事